「可哀想」って言う人にモヤモヤしたら

0歳育児

※本ページはアフィリエイト広告を利用しています

こんにちは、元幼稚園教諭Mariママです

皆さんは育児をしていて、周りから「可哀想」って言われた経験はありますか?

例えば「一人っ子は可哀想」「保育園なんて可哀想」などです

この発言すごくモヤモヤしませんか?

今日はこの「可哀想」と発言する人の心理と、

モヤモヤしてしまう自分の気持ちの整理の仕方について

話していきたいと思います

実際に言われた「可哀想」

私も実際に育児をしていて周りから「可哀想」と言われたことあります

何について「可哀想」と言われたのかというと

・「1歳から保育園なんて可哀想」

・「一人っ子なんて可哀想」

この2つについてです

「1歳から保育園なんて可哀想」というのは第一子育休中に専業主婦のママ友から言われました

「一人っ子なんて可哀想」は第一子を出産してしばらくしたら親族から言われるようになりました(現在は第二子出産したのでこれは言われなくなりました)

今は大して気にしていないのですが当時は「本当に可哀想なのかな?」とモヤモヤしたものでした

「保育園やめたほうがいいかな」とか「やっぱり兄弟って必要かな」とか悩みました

「可哀想」と言ってくる人に限っていつも側にいる人だったりするので(たまに見知らぬ人から言われることもあるかもしれませんが)

関係を断つことも出来ず、その発言を間に受けてしまうんですよね

モヤモヤしてしまう理由

モヤモヤしてしまうのは、「自分の選択に自信がない」からだと私は思います

私たちママは日々悩み、考え、子どもや家族にとって最善の選択をしてきているつもりです

「これが最善の選択」と思って選択していても悩んで悩んでその答えに辿り着いているわけですから

その答えに辿り着く過程には他の選択肢もあったわけで、だからこそ「可哀想」発言に対して「これで本当に良かったのか」と思ってしまうのですよね

そして「これでよかったんだ」と自信を持って言えるようになるまでは時間差がどうしても生じてしまうのでモヤモヤしてしまうのは仕方がないことなんです

何年か経って「この選択でよかったんだ」と思えればそれでいいと思います

その頃には「可哀想」発言もどうでも良いことになっているはずです

自分の選択に自信を持つのは時間がかかる

だからモヤモヤしてしまうのは仕方がないことと受け止める

「可哀想」と言う人の心理

正直「可哀想」と発言する人はこんな人です

・何も考えていない

・会話をしたいだけ

・「可哀想」が口癖

何も考えていないからこそ「可哀想」発言が出てしまうのです

だってよく考えて発言する人だったら「可哀想」なんて人に言わないですよね

ただあなたと会話したくて、その会話の一つくらいにしか思っていません

そんな軽い発言を重く受け止めてしまい悩むのは時間がもったいないですよね

「可哀想」が口癖になっている人もいます

その人はあなただけではなく、他の人にも「可哀想」という言葉を発言しがちです

そして何に対しても「可哀想」と言ってしまうのです

子どもが1人だと「一人っ子は可哀想」

子どもが2人で異性だと「一緒に遊べなくて可哀想」

子どもが2人で同性だと「両方育てられないなんて可哀想」

子どもが3人で異性だと「男の子1人で可哀想(女の子1人で可哀想)」

子どもが4人以上いると「子沢山で可哀想」

何に対しても「可哀想」と言われてしまうので間に受けていたらキリがありません

「可哀想が口癖の人なんだな」と受け流すことが大切です

「可哀想」はただの口癖

受け止め方を変えよう

正直相手を変えることはとても難しいので、自分の受け止め方を変えるしかないのです

「可哀想」発言をされたら「間に受けない」「受け流す」ことを意識しましょう

どうしても気にしてしまう人はその可哀想と言われたことに対して

「本当に可哀想か?」を突き詰めて考える時間を作ってみてもいいかもしれません

物事には何事も良い面と悪い面が存在するので、悪い面を見て可哀想と言われてしまっていても

良い面を再確認し、可哀想でないことを実感できるかもしれません

「可哀想」対策をしておこう

不意打ちで言われる「可哀想」発言に対してどんな言葉で返すか対策しておくのも良いでしょう

「小さい頃から保育園なんて可哀想」→「子どもは色んな経験ができている、保育園での成長が嬉しい」

「一人っ子なんて可哀想」→「愛情たっぷり受けている、可哀想か決めるのは子ども自身」

それでも言い返してくる人に対しては「この人は可哀想って思わずにはいられない人なんだ」と思っておきましょう

「可哀想かどうか」決めるのはママ(パパ)と子ども自身です

他の人が「可哀想」と決める権利はないんです

どうか「可哀想」発言に傷つかないように、心穏やかに育児ができるといいですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました