「魔の3歳児」対処法

3歳育児

※本ページはアフィリエイト広告を利用しています

こんにちは、元幼稚園教諭Mariママです

我が家の3歳男児は絶賛反抗期でして

「〇〇しようね」と促しても「後でね〜」とか言って支度は進まないですし

「〇〇はダメだよ」と言うと叫んで暴れて強烈な癇癪を起こすし

まぁ〜手はかかるし、日々イライラするし

まさに「魔の3歳児」といった様子

3歳児を育てるママさんどうですか?

きっと手を焼いているのは私だけじゃないはず‼︎

今回はそんな3歳児の反抗期についてお話ししていきたいと思います

イヤイヤ期が終わって、反抗期に突入

2歳頃から始まるイヤイヤ期

現在3歳児の長男のイヤイヤ期が始まったのは1歳半過ぎた頃からでした

「着替えようか」「いやー‼︎」「ご飯だよ」「いやー‼︎」

のけ反り、床を転がり、とにかく暴れ、なんでも「イヤー」と泣き叫ばれる日々・・・

そんなイヤイヤ期から少しずつ反抗期に移行してきたなと感じたのは3歳頃

「着替えようか」と声をかけても「今遊んでるから」→一向に着替えないので

「いい加減着替えなさい」と言うと「うるさーい‼︎」→息子ブチギレる

「ご飯食べようか」と声をかけても「Youtube見たい〜」と別のことを要求

「Youtubeはご飯食べてからね」と言うと「なんでー‼︎もう‼︎知らない‼︎」→息子ブチギレる

2歳イヤイヤ期の頃は「イヤー」と泣く事が多かったのですが

3歳反抗期はとにかく「怒る」感情が爆発している感じです

子どもの要求が通らない時に泣くよりも怒り始めたら

もしかしたら反抗期に突入しているサインかもしれません

3歳息子の反抗パターン

3歳になると色んな言葉を覚えてきて、言い訳や反抗的な発言もよく見られるようになります

例えば危ない行動する息子に対して「ママ、それは危ないからやめてって言ったよね?」と言うと

「今ね、〇〇だからね」と言い訳してきたり、「やだよ〜べ〜」とふざけてきたり

「もう‼︎ママ‼︎」となぜか怒り返してきたり・・・

何パターンかを駆使して反抗的な態度を示してきます

一丁前に反抗する態度に、ついイラッとしてしまうんですよね〜笑

3歳反抗期の対処法

以下が3歳反抗期の息子に対して我が家で行っている対処法です

これはパパにも協力してもらって行っています(ママとパパで対応が違うと子どもも混乱するので統一するように心がけています)

・お菓子の時間は10時と15時

・タブレットの時間は17時から(ご飯とお風呂の時間になったらそっちが優先)

・夜のアイスは夜ご飯を完食したら

・「やめて」と言われたら、一回でやめること

・怒らなければいけないことを3回言ってもやめなければ怒る

・最初の3つは時間に関する家のルールです

「おやつ食べたい」→「ダメよ」→「なんでー‼︎」癇癪・反抗のパターンを未然に防ぐためのルールです

3歳息子は少しずつ時間の概念がわかるようになってきて、時計はまだ読めませんが

「時間には⚪︎時というのがある」「あと⚪︎分というのがある」というところがわかってきています

なのでおやつの時間とタブレットの時間は決めています

「もうすぐで10時のおやつになる?」と聞いてくるので「あと30分だよ」と答えています

この時間を守ることによって他の時間に「おやつが食べたい」「Youtubeが見たい」と言われても

「まだ時間じゃないよ」と言えばしつこく要求される事が減りました

そして息子は夜のアイスを楽しみにしているのですが、夜のアイスは夜ご飯を完食した時のみにしています

一回でもこのルールを親が守らなくなると(今日はおやつ早めでいいかとか、ご飯残してるけどアイスあげてもいいか等)

子どももルールを守らなくなってしまいます(「昨日はおやつの時間じゃないけどおやつくれたじゃん‼︎」と思ってしまいます)

・要求が強いもの(反抗される原因になるもの)はルールを作る

・子どもも親も決めたルールは守る

・「やめて」と言われたら、一回でやめること

危険な行動やお行儀の悪い行動をしたときに言います

正直息子にはまだ「一回でやめる」ことは難しいです

しかし、大切な事なので繰り返し根気よく伝えてます

やめて欲しい時は「〇〇だから、やめて」と理由を足して言っています

頭ごなしに「ダメ‼︎」「やめてって言ってるでしょ‼︎」と怒ってしまうと

「怒っている事」に対して子どもも怒り返してきたり、反抗的な態度になるので

なるべく冷静に目を見て「伝える」ようにしています

(なるべくね、なるべく‼︎自分のキャパによってはできない時もあります。笑)

怒らなければいけないことを3回言ってもやめなければ怒る

育児において「怒らない」ってすごく難しいですよね

やってほしいことはやらないし、やってほしくないことはやるんですから・・・

ですが先ほども言ったようにこちらが怒ってしまうと怒っていることに対して

怒り返してきたり、反抗的な態度が強くなるので

「2回は我慢しよう」と思っています

「〇〇は〇〇だからダメだよ」→同じことやらかす

「〇〇は〇〇だからダメだよ、2回目言ったからね、次やったら怒るからね」→同じことやらかす

「いい加減にしなさい‼︎3回目だよ‼︎」怒りタイムに入ります

「怒るからね」と宣言してますので・・・怒ります。笑

2回こちらが我慢すると、怒るまでいかないで2回目とかでやめてくれる時もあります

因みにパパはこのルールを度々守らず感情が抑えきれずに1回目でどーんと怒ってしまいます

その時はやっぱり子どもの癇癪がひどくなって手がつけられない感じになりますね

なので子どものためのルールというよりは我が家はパパのためのルールなんです。笑

・「怒られたこと」に対する癇癪や反抗を減らすために、こっちも少し我慢する

第一次反抗期は成長の証

第一次反抗期は子どもの成長によるもので、どんな子でも通る道ですから

子どもが反抗的な態度をとってきても間に受けない、イライラしすぎないことが大切です

だってこれから第二次反抗期、第三次反抗期とやってくるのですから、一回一回深く受け止めていたらママやパパがしんどくなってしまいますよ

ですが少しでも癇癪や反抗的な態度を減らしたいと思うのなら、ルールを決めることによって激しい要求を減らす事ができるかもしれません

コメント

タイトルとURLをコピーしました