イヤイヤ期対処法

2歳育児

※本ページはアフィリエイト広告を利用しています

「魔の2歳児」と言われるイヤイヤ期

第一子は1歳半から3歳の直前くらいまで続きました

(因みに3歳からは絶賛反抗期に切り替わりました)

今日はイヤイヤ期の対処法についてお話ししていきます

いつからイヤイヤ期になるのか

産まれてから赤ちゃんは寝返りをして、ハイハイをして、歩いて

本当に目まぐるしく成長していきますよね

身体の成長だけでなく、心も成長していきます

色んな言葉を耳にして、言葉を覚え、

ちょうど2歳頃に始まる「イヤー」という発語

初めて聞いた時

Mariママ
Mariママ

これがまさに巷で言うイヤイヤ期なのね

イヤイヤ期に突入したことを確信したものです

言葉の発語の早さにはもちろん個人差があるので

「イヤー」と直接言わなくても、のけぞってみたり

拒否行動を頻繁にする姿を見るようになったら

イヤイヤ期に入った合図かもしれません

どうしてイヤイヤするのか

これは直接この年齢の子どもに聞けるわけではないので

あくまで大人目線の回答になってしまいますが

私は心の成長の一つだと思っています

これから健やかに心身成長していくために

必要なことで、決して悪いことではありません

バネのようなイメージです。

バネはグッと力を押すと縮みます

その状態で離すとビョーンと伸びますよね

イヤイヤ期はビョーンと成長するために

グッと縮まっているような状態なのかなと思っています

お悩みママ
お悩みママ

このイヤイヤを許してしまったら

将来我儘になるんじゃないかしら

イヤイヤ期が激し過ぎると心配になることもあるかもしれませんが

Mariママ
Mariママ

そんなことはないのでご安心ください

あとは親を試しているとかも言いますよね

自分の主張をどこまで受け入れてくれるのか

愛情を確かめているという考え方もあります

そうかもしれないし、本当にそうだったら

2歳でそこまで考えて行動する姿

素直にすごいなと思います

だとすると、この時期の親の対応が

今後の子どもの成長の重要な部分になってくると思うので

今の時期の関わりを大切にしていきたいですね

イヤイヤ期の対処法

さて、本題のイヤイヤ期の対処法ですが

私の実践していた方法でお話していきます

例えば、お着替えしてほしい状況で

「お着替えしようか」と声をかけますよね

その時「イヤー‼︎」と言われます

さあ、私の頭の中で試合のゴングが鳴りました

まずは共感が重要です

そうだね、嫌だよね

本人の気持ちを受け止めます

ここで「着替えなさい、着替える時間なの」と

無理やり脱がせようとしたり

頭ごなしに丸め込もうとすると

「イヤーーーー‼︎」とのけぞったり暴れたり

その後の対処に余計時間がかかります

ここは急がば回れで冷静に対処していきましょう

ところで、こっちとこっちどっちがいいかな?

気持ちは受け止めましたが、しれっと聞いてみます

「こっち」と言ってくれたらそのまま着替えに進みます

「イヤー‼︎」と言われたら

わかった、これは嫌なんだね

じゃあこっちとこっち

どっちがいいかな?

また聞いてみます

「イヤー‼︎」と言われたら

じゃあどれがいい?

また聞いてみます。

わざと時間をかけて気分が変わることを待つ作戦です

全部イヤと言われることももちろんあります。

ストレートがダメなら変化球で対処

ストレートに「着替えること」に向き合うのがイヤな時には

他のアプローチの仕方に変えてみましょう

例えば洋服についているキャラクターの力を借りる

アンパンマンがお洋服着て欲しいって言ってるよ

あくまでもママが着替えて欲しいのではなく

あなたの大好きなアンパンマンが来て欲しそうにしていると

アピールしてみるのはどうでしょうか

大好きなキャラクターのお願いなら聞いてくれるかもしれません

他にも「何か歌おうか」と好きな曲を流しながら

気を逸らしている間に着替えさせてみたり

「じゃあ後で着替えようか」と少し時間をおいて泳がせてみたり

色んな角度からアプローチしたら、どれか効くかもしれません

それでもダメなら強制執行

正直、そんな余裕ないよという日もあります

特に着替えは朝の忙しい時間帯だったりもするので

焦ってしまったり、何をやっても無理な時もあります。

強制執行になる時もあります

(泣こうが暴れようがママが着替えさせてしまう)

ですのでもし、心に余裕がある時は試してみてください

思わぬ反応が見られたり、何か新たな発見があるかもしれません

コメント

タイトルとURLをコピーしました