「マウンティングママ友」どうしてる?

園生活

※本ページはアフィリエイト広告を利用しています

皆さんにとってママ友というのはどんな存在ですか?

困っている時に助け合えたり、悩みを分かち合えたり、「子育ての戦友」のような存在という一方で

「マウンティングが大好きなママ友」というちょっと困った存在のママ友もいますよね

「ママ友」ということで切り離せない子どもとの繋がりもあり、蔑ろにするわけにもいかない

だけど付き合うのは正直自分がしんどい・・・そんなマウンティングママ友の話をしていきたいと思います

どうしてマウンティングしてくるの?

・自分に自信がない

・環境が似ている

マウンティングしてくるママ友はこのような特徴があります

一番は「自分に自信がない」のだと私は思っています

自分に自信がない人は人と比べて「自分はこの人よりマシだ」「自分はこの人より優れている」

そう思うことによって「自信をつけたい」のです

特に自分のスキルを自慢するのではなくて「夫の仕事自慢」や「子どもの能力の自慢」をする人はこの傾向が強いと思います

ただそれはある意味「自分は何も持っていません、自分自身には自慢できるところはありません」と言っているようなものなのですけど、そこに気づくという能力も残念ながら持ち合わせていないのでしょう

そして自分に自信のないマウンティングママは、自信をつけたい一心でターゲットを探すのです

ターゲットにするのは「自分と環境が似ている人」です

例えば住んでいる場所、持ち家か賃貸か、車のグレード、バッグや服などの持ち物、年齢などを見て自分と近い年収や環境の人を探しています

だって年収300万円の人が年収1000万の人に向かってマウンティングしたところで、自分が虚しくなるだけですからね

なので「この人なら勝てそう」と思われてしまうとターゲットにされてしまう可能性があります

そう思われないようにするためにもマウンティングママには家計や家や車のことなど世帯年収が会話の中で分かってしまわないように気をつけることが大切ですね

マウンティングママ友を避けるには?

・物理的に避ける

・さりげなく反撃する

・自分を磨く

物理的に避ける

物理的に距離を置く方法です。挨拶だけは笑顔でしておいて、深い会話はしないようにしましょう

マウンティングのネタにされそうなお金や環境、家族の会話は聞かれてもさらっと流して、他の会話に切り替えてしまいましょう

しつこく質問されたことは質問で相手に返しちゃいましょう

さりげなく反撃する

マウンティングが好きなママは「この人になら勝てる」と思われると攻撃してきます

逆に「この人には勝てない」と思われたら別のターゲットを探しにいくんです

例えば車庫に車がないので「きっと車が買えない家なんだわ‼︎」と思われて「車っていいわよ〜‼︎うちは新車のコンパクトカーを買ったのよ〜‼︎車ないなんて不便ね〜お金ないのね〜」とマウンティングしてくるママさんがいたとします

ですが実際はあなたが高級車を所有していて、盗まれないように厳重な別のガレージとかにあったらどうでしょうか?

それを何日か経ってさりげなくそのママ友が知った時、自分の浅はかさを恥じることでしょう

そして自分が「恥をかく」からこの人に余計なことは言わないでおこう、と思うはずです

この例えは現実味がなく極端ですが「少し相手より上に見せるテクニック」はマウンティングされないためにも必要かなと思います

「相手と同じくらい」にしてしまうと、マウンティング合戦になってしまうのであくまでも「さりげなく」「私と比べると自分が恥をかきますよ」という余裕を見せることが大切です

自分を磨く

さて、マウントママと同じ土俵に立たないためにも自分自身を磨いていくことも必要です

自分自身を磨いている人はそれだけでキラキラしていることが相手にも伝わって、輝いて見えます

冒頭でお話ししたようにマウンティングママ友がマウンティングしてくる理由は「自信がない」からです

マウンティングママは「マウンティングをしても自信はついてこない」ということに気づいていません

その間にあなたはそんなママ友に嫉妬されるくらい自分を磨き自信をつけてしまいましょう

スキルでも、見た目でも、新しくチャレンジしたいことでも、自分が磨きたいことならなんでも構いません

それがあなたの自信になって、マウンティングしてくるママ友も気にならなくなります

コメント

タイトルとURLをコピーしました