育休から復帰 仕事と家事の両立のコツ

1歳育児

※本ページはアフィリエイト広告を利用しています

お子さんが4月に1歳児になるママさんはもう仕事復帰をしている時期ですね

会社によっては2歳児3歳児まで育休を取れるところもありますが(大変羨ましい)

1歳児で復帰というママさん、かなり多いのではないでしょうか

因みに私も第一子の息子が1歳児になる4月から仕事復帰をしました

保活を勝ち抜き、見事保育園に入れたとしても

これが終わりではなく始まりなんですよね

今回は仕事復帰を控えたママさんに育児との両立のコツを

お話しできたらと思います

熱は出すものだと思って日々過ごす

保育園に預けるようになると、今までの頻度以上に熱出します

とりあえず、慣らし保育中に一回出すと思っておいた方がいいでしょう

結果熱が出なければラッキーくらいに思ってください

あんなに今まで丈夫だった息子が、風邪を頻繁に貰ってくることに驚きました

熱が出なくても鼻水が続いてしまったり、疲れで知恵熱のようなものを

出して登園できないということが多かったです

最初は慣らし保育があると思いますが、休むと慣らし期間が伸びる保育園もあるので

仕事バリバリ復帰したいという気持ちはセーブして、余裕を持ったスケジュールにしておくことをオススメします

あらゆる時短で家を整える

復帰すると本当に目が回るような忙しい日々がやってきます

正直、家事に使う時間は一秒でも短い方がいいです

食洗機、ロボット掃除機、洗濯乾燥機、時短調理家電など

できる限りの時短家電を揃えるといいでしょう

他にも簡単に落ちる掃除グッズを調べたりネットスーパーの登録

日用品の在庫管理などのルーティン化(Amazon定期便など)

とにかく自分が全部やらなくても半分くらいは機械がやってくれるような

仕組みづくりをしておくと時短できると思います

自分が家の社長になり、自分が不在でも従業員(家電や仕組みづくり)が家を回してくれるような感覚です

人に頼る勇気と感謝の気持ちを持って

正直、仕事と育児と家事すべてあなたが100%やることは不可能です

どんなに優秀な人でも、体力のある人でも無理です

周りの助け(パパ、会社の人、保育士、祖父母、ファミサポなど)が必要です。

そして周りに支えられながら、時には支えながらやっていくしかないのです

「周りに迷惑かけないようにしないと」という気持ちはもちろん大切ですし

できるだけ努力することも必要ですが、人に頼る勇気も必要になってきます

助けてもらった時は感謝を忘れないでくださいね

傲慢な態度でいると「これだから子持ちは」と風当たりが強くなってしまいますし

どんどん自分が仕事しにくくなってしまいます

「困った時はお互い様」となるか「またかよ」と思われてしまうかは実際人柄次第です

気持ちよく仕事ができるように、日頃の仕事へ取り組む姿勢がなにより大切です

コメント

タイトルとURLをコピーしました