保育園はかわいそう?

0歳育児

※本ページはアフィリエイト広告を利用しています

こんにちは、元幼稚園教諭Mariママです

「保育園はかわいそう」という言葉を聞いたことありませんか?

一昔前は「3歳児神話」もあって保育園に小さい頃から入れるのはかわいそうと思われる風潮がありましたね

この言葉が引っかかってしまって本当に子どもを保育園に預けてもいいのか不安に思っているママさんもいるかもしれません

今回は「保育園は本当にかわいそうなのか?」考えていきたいと思います

保育園はかわいそうなところ?

保育所は、保護者が働いているなど何らかの理由によって保育を必要とする乳幼児を預かり、保育することを目的とする通所の施設。

Wikipedia

保育所に預ける理由はママとパパが働いているからという理由が多いのではないかと思います

ママとパパが働いている間、代わりに保育するよ〜という施設です

子どもを見てくれる先生がいて、栄養バランスの整った給食が出て(園によってはお弁当の施設もあります)、安全に配慮された遊びスペースや、年齢に合った歌や手遊び絵本制作など子どもの発達を促すような活動をしてくれます

正直言って、私の家での保育より質がいいと思います。笑

私は第一子を1歳4ヶ月の頃保育園に入園させました

保育園に預ける理由は仕事復帰のためでした

元幼稚園教諭でありながら、休みの日は休むことが第一で保育園でやっているような活動はほとんど提供できていないですし、ご飯だってレトルトの時だって全然あるし、めんどくさかったら公園なんて行かないし、保育の質で比べたら保育園の方が断然いいと思います

こんなに子どもにとって成長できる良い環境を提供してくれる施設なのに、なぜ通わせたらかわいそうなんて言葉が出てくるのか全くもって疑問です

保育園、全然通わせて良いじゃん。なんも後ろめたく思うことなんてないと個人的には思います

愛情不足でかわいそう?

保育園という施設がかわいそうということではなくて、親と離れるのがかわいそうと思っている人もいます

親と離れることによって子どもが愛情不足になるのではないか?と思う人がいるんですよね

全然なりません。

私は愛情は一緒にいる時間そのものではなくて、一緒にいる時にどれだけ愛情をあげられるかだと思っています

量より質です。

一緒にいる時に精一杯愛情をあげることができれば、愛情不足にはなりませんので

安心して保育園に預けてほしいと思います

結局は嫉妬?

専業主婦のママ友に「保育園ってかわいそうだよね〜、私は自分で育てたいわ〜」と言われたことがあります

私が育休中で、仕事復帰が控えているのを知っていてこの発言です

当時は「やっぱりかわいそうなのかな・・・」なんてその言葉に傷ついたものです

一年後その専業主婦のママ友が保育園に入れたようで「保育園に預けられて最高」と言っていました

結局そのママ友は仕事があって、保育園に預けてリフレッシュできそうな(実際はリフレッシュなんてできないけど)私のことが羨ましかったんでしょうね

「仕事があって保育園に預けられる」ということに嫉妬されていることもあります

実際は仕事して育児して家事してって大変なんですけどね・・・

隣の芝生が青く見えて「保育園はかわいそう」と言っている可能性もあるので

スルーしておくのが一番です

今は令和です

年齢の高い人たちが「保育園かわいそう」と言うのは「3歳児神話」を信じているからでしょう

三歳児神話とは、子どもが3歳になるまでは母親は子育てに専念すべきであり、そうしないと成長に悪影響を及ぼすという考え方

Wikipedia

平成初期頃から言われ始めた言葉のようなので、丁度今のおじいちゃん、おばあちゃん世代は「3歳児神話」を信じて心配して言ってきているのかもしれませんね

ですが、子育てのやり方が時代と共に移り変わっていくのと同じで「3歳児神話」も崩れつつあります

いつまでもこの言葉に捉われているのは、はっきり言って時代遅れです

「今は令和ですよ」と思っておきましょう

心配して言ってくれているのであればありがたいと思いつつ、気にしすぎないようにしましょう

まとめ

愛情をあげられる時に沢山あげて、子どもを大切に思う気持ちがあれば

何も後ろめたく思うこともないし、かわいそうと思う必要もありません

保育園はかわいそうな場所ではないし、通っている子は「かわいそうな子」ではありません

そもそも「かわいそう」かどうか決めるのは子ども自身であり

外野が勝手にその子を「かわいそう」と決めつけるのは大変失礼な話です

なので「保育園はかわいそうなのか?」と不安に思っているママさん、そんな言葉気にしないで

しっかり働いて、子どもにかっこいいママの姿を見せてあげてくださいね

コメント

タイトルとURLをコピーしました