子どもの「口の悪さ」どうする?

3歳育児

※本ページはアフィリエイト広告を利用しています

Mariママ
Mariママ

こんにちは、元幼稚園教諭Mariママです

お悩みママ
お悩みママ

最近子どもの口が悪くて悩んでいます

Mariママ
Mariママ

子どもは良くも悪くも本当に色々なことを覚えてきますよね

今日は子どもの「口の悪さ」についてお話ししていきます

どこで覚えてきた?ママがびっくりするような言葉

3歳過ぎくらいから突然「どこで覚えてきた?」と思うような言葉を使うようになります

例えば「くさい」「うざい」「どけ」「じゃま」「おまえ」などです

息子の場合は幼稚園に通っているうちに覚えてきました(少しパパのせいもありますが・・・)

私は言葉遣いには気をつけて育児をしてきたので、聞いた時は「ついに来たか〜」と思いました

(正直に言うと、元々は私も口が悪いです。だからこそ子どもの前では特に気にしてきました)

子どもは周りの大人や友達のことをよく見ているし、よく聞いています

そして良いことの吸収も悪いことの吸収も早いです

お子さんによっては幼稚園や保育園だけではなく

上の子の言葉を聞いたり、Youtubeなどでも吸収してきますよね

なるべく「悪い言葉」は吸収してほしくないですが

ある程度は仕方ないと割り切るしかないと思います

大切なのは「悪い言葉」を覚えてきた時の対処法です

Kutoon

過剰に反応しない

子どもにとっては、何かよくわかっていないけど面白そうな言葉

周りはそれを聞いて笑っているし、なんだか聞いたことがなくてかっこいい

それくらいの感覚だと思います

そしてその新しく覚えた言葉を使ってみたい、周りの反応を見てみたい

好奇心に駆られて使ってみるのです

そこで周りが「なんて言葉覚えてきたの‼︎」「そんなこと言ってはダメ‼︎」と

過剰反応してしまうと、怒られたけど、反応してくれて嬉しいと思ってしまいます

子どもにとっては怒られようが褒められようが反応がある=嬉しいと思うことがあるので

繰り返し使うようになる可能性があります

目を見てしっかり話をする

・使っている言葉の意味

・使ってはいけない理由

この2つを繰り返し伝えていくことが大切です

何か遊びの延長で発言した時はその遊びも一度辞めさせて「今から大事なお話をする」ことを子どもの目を見ながら伝えましょう

そして「今の言葉は使ってはいけない言葉」「こういう意味がある」

言われた人は「こんな気持ちになる」「人の心を傷つける行為である」

だから言ってはいけないんだよ、使わないでほしいと真剣に伝えます

きっと一度で辞めるのは難しいと思います

ですので使うたびに何度も繰り返し伝えます

いつか「悪い言葉」を使った時に、自分から「はっ、これは言ってはいけない言葉だったな」と思うようになります

言葉だけではなく言い方にも気をつけさせよう

「悪い言葉」を使わないでほしいということと「言い方」にも気をつけるように伝えましょう

「口調が強いと怖いよ」「周りが離れていっちゃうよ」と合わせて話をしましょう

「どけ」じゃなくて「ちょっとどいてね」と優しい言葉で言おうね

他の言葉に言い換えることが出来ると教えるのもいいですね

口が悪いのは一時的なマイブームのようなところもあるので

根気よく付き合っていきましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました