計画無痛分娩のよかったところ

妊娠中

※本ページはアフィリエイト広告を利用しています

こんにちは、元幼稚園教諭Mariママです

2ヶ月前に第二子を「計画無痛分娩」で出産しました(第一子は自然分娩)

計画無痛分娩ってどんな感じ?本当に無痛なの?と気になっている方のために

今回は計画無痛分娩のよかったところをお話ししていきたいと思います

あくまでも私の場合に限りますし、無痛分娩はリスクもあります

参考程度に読んでもらえたら嬉しいです

計画無痛分娩のよかったところ

・長男と夫とのスケジュール調整ができた

・お産の恐怖が和らいだ

・ピークの痛みが軽減できた

・酸素を赤ちゃんにしっかり送れていた(と思う)

・穏やかな気持ちで次男の産まれた瞬間を迎えられた

・産後の回復が早かった

・長男と夫とのスケジュール調整ができた

これは計画分娩でよかったことになりますが、事前に入院日が分かっていたので(私は入院の一週間前に入院日が決定しました)

自分の心の準備や夫のスケジュールの調整が予めできたところが良かったです

私の入院中の長男のお世話をどうするか考え、夫が育休を取るための仕事の引き継ぎ、祖父母のサポートなど万全な体制でお産に臨むことができました

3歳長男にもこの日から入院すると事前に伝えていたので「ママァ〜‼︎」と発狂されることなく別れ際もスムーズでした

(大好きなキャラクターのおもちゃを買っておき、パパとマック食べてきていいよと入院中の楽しみを用意していたので寂しさも紛れたようです)

・お産の恐怖が和らいだ

2人目妊娠して嬉しさと共に蘇る、1人目のお産の恐怖・・・

1人目産んだ直後に「二度とお産はしない」と誓ったあの日を思い出しました・・・笑

忘れていた記憶が蘇り「またあの痛み経験するのか〜」と憂鬱になることもあったのですが

無痛分娩と決めてからはむしろ「あの痛みがどれくらい軽減されるんだろ〜」とわくわくしていました

お産の恐怖が和らいで出産が楽しみになったことはよかったです

・ピークの痛みが軽減できた

正直に言うと「無痛」と呼ばれていますが、全然無痛ではありませんでした

私の産院は子宮口4〜5センチ開かないと麻酔は入れられなかったので

そこまでは段階的に陣痛が来ていましたし、ピークの痛みも経験しました

麻酔が効くまで私は1時間ほどかかったので、大体2時間くらいは痛みMAX状態でした

麻酔が効いてからは、痛みが軽減されて(MAXが10とすると3くらいまで軽減した。痛み3は重めの生理痛くらいかな)

麻酔が効いてから2時間半くらい出産までかかったのでその間も痛みMAX状態だったら

かなり体力削られていると思うので、その部分が軽減されてよかったと思いました

・酸素を赤ちゃんにしっかり送れていた(と思う)

陣痛中NSTを見て助産師さんが「赤ちゃん元気だね〜安定してるよ〜」と言っていました

第一子の時は痛すぎて陣痛がくるとお腹に力を入れてしまっていました

そのせいか、赤ちゃんが酸欠になり心拍弱まって緊急帝王切開になりかけました・・・(大反省)

落ち着いて呼吸に集中できたのも無痛分娩でよかったところです

・穏やかな気持ちで次男の産まれた瞬間を迎えられた

第一子の時の陣痛中は「早く終われ〜」しか考えられなかったし、出産しても「会えて嬉しい」もありましたが「やっと終わった〜」という気持ちが強かったです

今回は陣痛中も「一緒に頑張ろう」とお腹を撫でる余裕もあったし、産まれた瞬間も「ようこそ〜」と嬉しさ100パーセントで迎えられました

ちょっと解せないのは出産30分前に立ち会いに来た夫が第一子と比べて私が余裕に見えたようで「楽だったね〜」と言ってきたことです。笑

「痛い時もあったんだけど」と思いながらも分かってもらえない悔しさはありました・・・笑

・産後の回復が早かった

産後に助産師さんがすごく労わってくれたんですが、私めっちゃ元気でした。笑

助産師さんの的確な指示でいきむこともできたので会陰切開の傷も浅く済んで、次の日には家に帰れそうなくらい元気。笑

(後陣痛は痛かったけど・・・)

退院後は息子のお世話と頻回授乳と睡眠不足になるのは分かっていたので回復が早くて助かりました

リスクもしっかり理解して

私には最高だった無痛分娩ですが、リスクもあります(お産が進みにくい、吸引分娩になりやすい、排尿障害や神経障害になる可能性など)

医師と相談し、リスクをしっかり理解した上で自分自身が納得してから無痛分娩を選択してくださいね

私の周りは幸い両親も義両親も友達も無痛分娩に理解してくれたので心無い言葉をかけられることは無かったのですが(むしろ羨ましがられた)

まだまだ無痛分娩に抵抗がある人もいるかもしれないので、伝える人は選んだほうがいいかもしれませんね

(「痛い思いしないと母性が〜」とか「母親のくせに楽するなんて〜」とか嫌味を言ってくる人は自分で産んでもろて・・・)

痛い思いをするのは出産する本人なので、自分がどうしたいかが大切だと思いますよ

第二子出産の無痛分娩レポも記事にあるのでよかったらこちらも見てみてくださいね

計画無痛分娩出産レポ
※本ページはアフィリエイト広告を利用しています Mariママ こんにちは、元幼稚園教諭Mariママです この度、2人目を計画無痛分娩で出産しましたので そのレポートを書いていきたいと思います 計画分娩や無痛分娩を考えている方の参考になれば嬉...

コメント

タイトルとURLをコピーしました