通っている保育園が合わない

園生活

※本ページはアフィリエイト広告を利用しています

Mariママ
Mariママ

こんにちは、元幼稚園教諭Mariママです

お悩みママ
お悩みママ

実は通っている保育園が

合っていない気がして悩んでいます

Mariママ
Mariママ

私も保育園と合わないなと思ったことがあります

今日は保育園が合わなかった時の話をしていきますね

せっかく保活して入った保育園が合わない

ワーママにとって一大イベント「保活」

日々の育児をこなしながらまだまだ小さい子を連れ、区役所に出向き情報収集をしたり

保育園に電話をかけて園見学をしたり本当に大変ですよね

たくさん見学しても希望の保育園に入れるとも限らず、会社からは復帰のプレッシャー

通いやすさと園の雰囲気を擦り合わせて穴場を狙いつつ希望の順番を考える

なんとか希望の順位が高い園に入れますようにと思いながら結果を待つ

そうしてようやく入った保育園だけれども、通わせていくうちに

「あれ?なんだかこの園と合わない・・・」と感じることが出てきます

それは「保育園の先生」だったり「園自体の方針」だったり様々です

子どものためのまんてんバランス

どんなところが合わないか

私の場合、こんなところが合わないと感じました

・土曜保育を「している園」のはずがやっていない

・お昼寝時間に先生がスーパーに行って買い物

・保護者の気持ちには一切寄り添わないスタンス

・自分たちの非を認めずに子どものせいにする

・子どもの個性を認めてくれない

なんだか書いていてヤバそうな園ですよね・・・

でもこれらのことって入ってからしかわからなかったりします

私は園見学だけでは見抜くことはできませんでした

私の子どもが通っていた保育園は小規模で先生が少ない分、独自の特色がありました

区役所の情報では「土曜保育もしている」となっていたのに

「土曜日に子どもを預ける人なんていないから、預けないでくださいね」とか平気で言ってきたり

子どものお昼寝時間にスーパーで先生が買い物していたり(保育園が休みの保護者と子どもが買い物中にばったり会うことが何度かあったそうです)

園全体そんな感じで、先生も「とにかく楽がしたい」といった態度で「言うことを聞かない園児」に対して「もう〇〇くんは大変で」とか「〇〇くんはダメ」のような発言を平気で保護者にしてきます

思い返せばこの保育園は圧倒的に女の子が多く、男の子の園児は数ヶ月で退園していくんです

息子の学年の男の子は卒園までに全員辞めてしまって、残ったのは息子1人でした

先生にとっては「言うことを聞く扱いやすい女の子」が良くて「手のかかるヤンチャな男の子」はダメという価値観だったのではないかなと思います

転園したくても出来ない現実

保育園はどこも待機児童だらけで、転園させたくても簡単にはできないのが現実です

私もこんな保育園には通わせたくなくて、いっそ仕事も辞めて退園してしまおうかと思った時期もありました

だけど子どもは「保育園のお友達と遊べて楽しい」と言っていたし、先生のことも嫌いではないようでした

小規模で人数が少ない分手厚く見てくれていたのも事実ですし

保護者にとっては「なんだこの保育園」という感じですが

子どもに対して高圧的な態度を取ったり虐待をしたりというのは全く無さそうだったので、卒園まで通わせることにしました(少しでもそんなことをしていたらすぐに辞めていると思います)

「保育園は選べない」という現実を受け止め、なるべく園のいいところに目を向けていこうと思いました

無事卒園し、提携外の幼稚園に入園

小規模の保育園を無事卒園し、息子は幼稚園に入園しました

提携の保育園への紹介もありましたが、次は自分で選んで通わせたいと思ったからです

息子に合いそうな教育方針の幼稚園に入園することにしました

今ではのびのび幼稚園に通い、毎日泥だらけになって「今日も楽しかった〜」と帰ってきます

0歳児〜2歳児の保育園の選択肢は少なく選べませんが、3歳児になると幼稚園や認定こども園と選べる選択肢も出てきます

今は共働きが主流になってきており、預かり保育がある園も多いですし

もし今の保育園が子どもに合っていないと感じているのならば、他の選択肢を探してみるのもいいかもしれませんね

コメント

タイトルとURLをコピーしました